茶々日記

mytyatya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:幸せの権利( 8 )

おめでとう☆

仲良しな二人…(^w^)

これは先日の湘南の帰りに、
もう一度立ち寄った海でのこと…



d0204043_12423036.jpg

仔「ねぇちゃん!あそこ行ってみようよ!」
幸「あんた先に行きなさいよ!」


d0204043_12434447.jpg

ほらほら行って行って!

d0204043_12441542.jpg

仔「行くよ!ねぇちゃん!」


d0204043_1241458.jpg

仔&幸「ヒャァ~~((((ヽ(;^^)/」


d0204043_1247954.jpg

お散歩も仲良し♪

d0204043_12473960.jpg

サラダバーです(笑)

d0204043_124817.jpg

気持ちいいわぁ~~♪


このお二人さん☆

先日のフィラリア検査で、
見事陰転しました( ´∀`)/~~☆

特にさちこさんは、
保護当初、重症のフィラリア症で
命を失いそうになり、
吊りだし手術を受けた経緯があります。

心臓に負ってしまった傷は治りません。

でもがんばって治療を続けて、
命のリスクを少なくすることはできました。

こんなに楽しそうな二人を見ながら、
幸せを感じていてくれたらいいなぁ~と思いつつ、
いやこちらが幸せを感じさせてもらってるんだなぁ…と。

生きててくれてありがとう☆

これからも元気に仲良く暮らそうね~☆




あっ、お一人様忘れてました…



d0204043_1323648.jpg

茶「ボクは忙しいんです!!」


猫VS茶々。


元気でなによりです(笑)


.
by my-tyatya | 2015-05-16 12:40 | 幸せの権利

同窓会の番外編♪

さて、2時間半かけて千葉までやってきた我が家。
せっかくですから、マザー牧場を堪能?しましょ~emoticon-0159-music.gif
というわけで、イベントの合間に行ってきましたemoticon-0123-party.gif


まずはユベリコさんお待ちかね、グラスビールを一杯emoticon-0167-beer.gif
おちゃわんはソフトクリーム好きなので、牧場ならではのミルキーなソフトをぺロリemoticon-0110-tongueout.gif
(モカパパさんを誘ってあげればよかったかな笑)


d0204043_20463186.jpg

ユベリコカメラマンの自信作emoticon-0105-wink.gif
やや曇ってきましたが、いい景色でした♪

d0204043_20484162.jpg

咲き始めたコスモスが秋の装い?
茶々くんも緊張が解けて楽しそうemoticon-0136-giggle.gif
茶「おねえさん、もっと早く走ってよ!!」


そろそろ抽選会始まるよ~
というわけで、お土産をサクッと買って、さぁ戻ろ~~emoticon-0148-yes.gif


「おまえたち!!
私を無視して帰るなんて許さないモォ~~emoticon-0130-devil.gif



d0204043_20551356.jpg

茶「誰ですかっ!!ボク怖くなんかないですよっ!!」なんて(笑)
茶々くんマジで本物と思ってワンワン吠えてましたemoticon-0140-rofl.gif


そしてギリギリ抽選会会場へ♪
あんまりクジ運ないので、当たらないでしょ~なんて思っていたら...

d0204043_2114683.jpg

9等当たっちゃいましたemoticon-0136-giggle.gif
茶「おねえさん美味しいものだといいね♪」
おちゃ「おねえさんはまたソフトクリームがいいなっ♪(...なわけないでしょ)」

あらどちらも残念、茶々くんの体拭きでした(笑)
前に出て写真だなんてハズかしぃ~(汗)


いっしょにチビスケ母さんの写真はがきもいただきましたemoticon-0155-flower.gif
せっかくいただいたのですが、これは役に立てねばとemoticon-0165-muscle.gif
翌日職場でワンコ好きな方にプレゼントemoticon-0171-star.gif
ちばわんのこと、保護犬のことをきちんとお話して、渡しましたよ♪
一人でも多く知ってもらいたいですね!!


とっても楽しかった同窓会、またぜひあるといいですね~
運営してくださったみなさまご苦労様でした!ありがとうございました!
by my-tyatya | 2012-09-08 21:08 | 幸せの権利
d0204043_18124716.jpg

行きはemoticon-0156-rain.gif雨に降られながらでしたが、
開催を祝うかのようにだんだんいいお天気にemoticon-0115-inlove.gif

ちばわんさんの同窓会に行ってきました!

千葉県にあるマザー牧場。
キャンプ場がやっていたら、その日はテント張って泊まろう♪
なんて考えていましたが、ここは7・8月でキャンプは終わりemoticon-0120-doh.gif

最初は休みが取れなかったユベリコさんも何とかなって、
我が家みんなで出かけてきました~

行きの君津PAで秋田犬を囲む人たちを発見!
きっと同窓会に行く人だ~と思ったら、
なんと同じモカママさん宅卒のアルウェンちゃんでしたemoticon-0155-flower.gif

そして到着して早々、あれは...あれは...もしかして...
d0204043_18201819.jpg

颯先輩っ!!

そして...
d0204043_18204797.jpg

岳くんっ!!

何気に見つけてしまって声かけちゃいましたemoticon-0136-giggle.gif
初めましてなのに、なんだか不思議な感じemoticon-0155-flower.gif

お二人が早速挨拶をしているのに...
d0204043_18235768.jpg


d0204043_18242848.jpg

茶「おねぇさん、ボクどうしたらいい?」
笑顔で聞かれてもね...いってらっしゃいよemoticon-0120-doh.gif


そうこうしている間に、モカママさんご一家の到着も見つけて、
あっという間に集まっちゃいましたemoticon-0128-hi.gif
d0204043_18233035.jpg

茶「ボク緊張して入れません(汗)」

どうも茶々くんは大勢のワンコは緊張するようです...
しばらくヨダレダレダレ~~emoticon-0156-rain.gif
でもせっかくの機会だから慣れようね~茶々くん。

d0204043_18291043.jpg

お母さんをしっかり見つめるモカ姉さん。
ワンワンべっちゃんもきれいな目が印象的☆☆☆


かっこいいいっぽ先輩emoticon-0165-muscle.gif
d0204043_1913866.jpg


茶「いっぽ先輩、よかったら、ど、どうぞ(汗)」
d0204043_1925583.jpg


d0204043_1832710.jpg

茶「す、すいません、ボクも失礼して...」
だんだん茶々くんも、さりげなくクンクンご挨拶ができるようになりましたemoticon-0111-blush.gif

一度離れて会場内を散策。
お昼を買うため並んでいたら、ひたすら会場内を歩く颯先輩とお母さんemoticon-0136-giggle.gif
元気ですね~emoticon-0165-muscle.gifお母さん、ご苦労様でした。
茶々くんプロレスさせてもらえばよかったね~また今度お願いします♪

待っている間も同じ保護犬の親同士、自然に声をかけて話ができます。
素敵な出会いですよね~
茶々くんのおかげだと思いました。

d0204043_18442624.jpg

茶「みんな幸せそうですね♪」
これだけ多くのワンコが救われたのかと嬉しく思うと同時に、
天国へ行ってしまったワンコのことを思うと、まだまだやらなきゃならないことはありますね!

そしてみんなで記念撮影emoticon-0152-heart.gif
d0204043_18581424.jpg

なかなかベストショットは難しいですね(笑)
またみなさんに会いたいですemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gif
by my-tyatya | 2012-09-06 18:47 | 幸せの権利

おとめちゃん

d0204043_0265233.jpg

ちばわんさん 愛護センターレポート 7月17日より転載)


いつも見ている愛護センターレポート。
茶々くんもこのセンターから我が家にやってきました。
「愛護」と付いていますが、収容期限の切れてしまったワンコやニャンコたちがたどるのは、
殺処分という恐ろしい現実が待っています。
正直「愛護」なんて付けないでほしい...そんな思いで見てしまうことも。

おとめちゃんはこのセンターに収容された高齢犬です。
歩くのもままならない高齢犬です。
どうしておとめちゃんがここに来てしまったのか、考えたくもありませんが、
悲しいことにたどり着いてしまったんです。
d0204043_057244.jpg


飼い主が迎えに来たり、新しい親が見つからなければ、
確実に殺処分されます。

救ってあげたくても救えないほどたくさんのワンコたちがここにはいます。
本当はレポートなんて見たくない、でも現実から目をそらしてはいけないのです。
誰か助けてあげて欲しい...検疫にかけてもらえますように...
いつかもう一頭ぐらい、我が家で迎えてあげたい...
毎日そう考えながら見ていたレポート。

おとめちゃんはその目から何かを訴えていたのだと思います。
d0204043_058378.jpg


私たち二人は、おとめちゃんに惹かれました。
理由は正直わかりません、「助けてあげたい」思いが一致しました。


もしかしたらこの子は誰かが引き出してくれているかもしれない...
でもそうでなかったら?
殺されてしまうと考えただけで、気になって気になって仕方がありませんでした。
ふたりで迎えに行こう、そう決めたのが収容期限である23日でした。

ちばわんさんと連絡が取れましたが、引き出せるのは期限の翌日からということでした。
仕事柄当然休めませんので、ユベリコブタさんが休みの27日が最短でした。
それまでがんばって!!迎えに行くから!!
しかしその時点でかなり弱っていたようです。明日の朝まで無理かもしれないと聞きました。
d0204043_0572121.jpg


諦めてしまいそうになりました。
でも迎える準備をして、一日一日が早く過ぎてくれるのを待つしかない。
「おとめちゃん」という名前はこの時決めました。
いっしょにいたユベリコさんが、道路でいっぱい踏まれてボロボロになった1円玉を見つけたんです。
最後のワンチャンスかもしれないねと、祈るような気持ちでした。
d0204043_1515790.jpg

茶「懐かしいボクのサークルを用意しました!」


茶々くんの仮親さんをしてくださっていたモカママさんとも連絡がとれ、
26日にセンターから引き出してもらい、モカママさん宅へその夜に迎えに行くことにしました。
この時点でおとめちゃんは殺処分を逃れることができたんです。

その次の日から、おとめちゃんは点滴をしてもらいながらがんばり続けました。
愛護センターで点滴をしてくれるなんて初めてのことではないかと、あとから聞きました。
我が家に向かうその日まで、獣医さんが特別室に入れてくれて診てくださいました。
どうお礼を言っていいかわかりません...
「動いている」「吠えていた」と日々の様子を聞くたびに、嫌な仕事もがんばれた気がします。
獣医さんには本当に感謝感謝です...

当日センターでのことはおそらくレポートで報告があるのではないかと思います。
ほとんど意識もないような状態だったそうです。
それでも私たちに届けようと、ちばわんの皆さんが助けてくれました。
とにかく仕事が終わったらすぐ迎えに行く、行くから待ってて、少しだけがんばって...


しかし出発しようと車に乗った17:36頃、モカママさんより亡くなったという連絡がきました。
でもすぐ思ったんです、センターを出て家庭の匂いがするところで亡くなれてよかった、
でも間に合わなくて、間に合わなくて...ごめんなさい。
生きているうちにひと目会いたかった...
でも最後に人のぬくもりは感じられたかな...
人間を少しは許してくれただろうか...
いろんな思いがこみ上げながら、予定通り迎えに行きました。

モカママさん宅に到着できたのは夜20時過ぎ。
モカママさんご一家にも本当にお世話になりました。
モカママさんにも辛い思いをさせてしまいました...すいませんでした。
帰りの車内は、助手席に乗ったおとめちゃんに話しながら帰りました。
「家へ帰ろうね」

「お帰りなさい、ようこそおとめちゃん」
我が家に帰りユベリコさんや茶々くんに会うことができました。
叶えてあげられなかった思いを話し終わった後、おとめちゃんをお風呂に入れてあげました。
頬や足には床ズレができ、あちこちに毛玉、爪も伸びていて、他汚れで固まっていましたが、
きれいになるとなんだかとっても美人さんで、毛もフワフワしていて、かわいい女の子です。

その日の朝、今年我が家の庭で初めて咲いた、前の家から移植したむくげの花。
おとめちゃんを迎えるかのように咲いていたんだよ。夜中だから他にお花がなくてごめんね。
首輪は二人で選んだんだよ、女の子だからやっぱりピンクだね。
d0204043_2214926.jpg



その後は痛むといけないので、おとめちゃんは冷房をきかせたサークルの部屋でお休み。
私たちは別々の部屋で寝ざるをえませんでした。

でもその夜はおちゃわんは眠りが浅く、ずっとおとめちゃんの匂いがしていました。
ユベリコブタさんは近くで話すような?鳴いているような女の子?の声がしたと...
魂は近くに来ていたのかもしれません、いっしょに寝たかったんだよね。


当初迎えに行く予定だった今日、ユベリコさんがとあるお寺さんへ連れて行ってくれました。
おとめちゃん、無事に荼毘にふせられました。

d0204043_2361122.jpg


今回我が家の子として迎えたいという思いを、多くの方たちが叶えてくださりました。
残念ながらおとめちゃんは虹の橋を渡って行ってしまいましたが、
助けてくださったみなさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


おとめちゃんはどう思ってくれているか、定かではありませんが、
殺処分の機械に入れられずに済んだだけでも、ありがとうと言ってくれている気がします。
私たちの方こそ短い間でしたが、おとめちゃんにありがとうと言いたいです。

人間は勝手な生き物です。
人間の都合で愛したり、時に殺してしまうんです。
人間を信じあなたのそばにいたいと言ってくれているにも関わらず、
むごいことをするんです。
でもすべての人間がそうではありません、だから、だから少しでいいから許してほしい...

一頭でも多くのワンコやにゃんこたちが、こんな目に会わず救われてほしい
これからもできることは精一杯がんばるから、おとめちゃんに見ていてほしい

おとめちゃん、教えてくれてありがとう
我が家に来てくれてありがとう
by my-tyatya | 2012-07-28 02:51 | 幸せの権利

ボク茶々丸です♪

茶々くんが我が家に来て約8カ月になりましたemoticon-0155-flower.gif
早いですね~もうそんなになったんですねemoticon-0136-giggle.gif

我が家に来てからいろんな茶々くんを見せてくれていますemoticon-0159-music.gif
保護犬のすばらしさでもあるんですかね~
実は最近ちょっと取材を受けたんです...(いつかご紹介します)
そんなこともあって、我が家の茶々丸くんを改めて分析!?いたしますemoticon-0152-heart.gif

d0204043_12282284.jpg

名前:茶々丸
愛称:ちゃちゃ、ちゃーくん、ちゃーぼう、ちゃぼ...ちゃーの時も(笑)
誕生日:11月22日(我が家に来た日が誕生日☆)推定4歳~5歳
種類:ザ・雑種。
特徴:両耳・左目周辺・しっぽの一部が薄茶。地肌はダルのようなブチが多数☆
体重:約23キロ(我が家に来た頃は18キロほどでした)
出身:ちばわん
   愛情満点♪モカママさんにお世話になって、八王子犬親会で出会いました。
住所:東京都東村山市 お姉さんがいる時は室内フリー、お留守番はバリケン
家族:お姉さん二人と金魚&ザリ...?

d0204043_17115486.jpg

好きな食べ物:肉っ!!魚っ!!アイスクリーム♪ 
       お姉さんの手作りご飯(ほんとかな?)
嫌いな食べ物:生野菜・果物 でも雑草は時々食べます...orz 
       カリカリフードオンリーは食べません
好きなこと:お散歩、お姉さんといること、猫を追いかけること
嫌いなこと:もちろん怒られること、留守番、雷様emoticon-0130-devil.gif、猫に威嚇されること
      多数の犬に近寄られること(しっぽ巻いて逃げます!)
得意技:マーキング(涙)、ハイジャンプ♪、くださいなアイビーム☆、スペシャル甘え鳴き
     いじけ顔、番犬すること(バッチリです)emoticon-0148-yes.gif

性格:超甘えん坊、淋しがりや、食いしん坊、人間大好き☆
   「食う寝る遊ぶ」とよく言いますが、その言葉がピッタリの茶々くんです。
   朝一と夜に①お散歩②ご飯が済まないと落ち着きません。
   後はお姉さんたちが家の中にいれば、緊張感のないかわいい~顔で寝てますemoticon-0136-giggle.gif
d0204043_12542014.jpg

   お姉さんが仕事から帰ってくると、お尻をユラユラとしっぽを振って、
   「ウォウウォウオウオウ、アウアウアウ、ク~ンクゥンクン」と鳴きます...
   「待ってたよ~早く帰ってきてほしかったよ~撫でてくださいよ~♪」
   こんなかわいい言葉ならよいのですが、もしかしたら...
   「帰りがおそいんだよっ!早く散歩行こうぜぃ!早くっ!」かもしれません(爆)
   こんな帰宅直後は主がトイレに入っただけでも「早く出てきて~!!」
   と大鳴きします(汗)
   朝寝起きと夕食後は「甘えんぼタイム」...背中やお腹を撫でてください!
   とそばにきて満足するまでアピールします。
d0204043_1435930.jpg

   (この写真はモカママさん宅です☆凛々しいです)
   気がすんだらあっさりと好きな板の間に行ってしまうんですけどねemoticon-0156-rain.gif
   意外とキレイ好きです☆雨の日のお散歩から帰ると、
   すぐに全身舐めてきれいにします。
   なので体を拭いてもらうのも大好き。顔は「拭いて♪」と差し出します。
   足を拭いてもらうのはちょっと苦手emoticon-0141-whew.gif
   人の顔色を見て行動することもあります。
   忙しい時はすんなりバリケンに入ってくれたり、
   出かけると分かるとイソイソして「ボクも行きます♪」と玄関前で待機します。
   お姉さんたちが真剣な話をしている時は、少し離れて見つめてくれます。
   とてもいい子です☆
   ちょっと情けないのは...嫌いなことにも書きましたが、
   意外にも初めて&多数の犬に寄ってこられると、とたんにビビリますemoticon-0107-sweating.gif
   そのくせ普段の散歩コースでは他犬にガウガウ(怒)
   でも猫から向かってこられると、とたんに降参してしまうんですemoticon-0140-rofl.gif

d0204043_13385861.jpg

訓練中!?:嬉しい時・興奮時はガマンができませんemoticon-0141-whew.gif
      なので、普段はいけないと分かっていることもやってしまい、暴走しますemoticon-0112-wondering.gif
      例えば長い留守番の後は、会えた嬉しさに玄関に降りてしまったり
      (普段はガードがなくても降りません)、猫を見て追いかけた後は
      チョークの指示も入りません、落ち着きのないマーキングをしますemoticon-0146-punch.gif
      でもすべて嬉しさゆえのことなので...
      大目に見ちゃいますが、ひどい時は叱りますemoticon-0121-angry.gif 

覚えたコマンド:マテ・ヨシ・スワレ・イケナイ・ハウス・フセ・オサンポ・オネエサン
        特に「オサンポ」は寝ていても瞬時に反応~
        すぐ玄関に行って嬉しそうに待ってます!

茶々くんより一言...
d0204043_13494742.jpg

「ご飯ですか?お散歩ですか?」...emoticon-0114-dull.gif ...
by my-tyatya | 2011-07-31 14:04 | 幸せの権利

震災で思うこと


d0204043_032543.jpg


3月11日地震直後、私は仕事していました。
おちゃわんの職場は老人ホームです。
耐震工事がされてるとはいえ、かなり揺れました。
トイレや浴室にいるお年寄りがいないか走って声かけまわり、
誰一人怪我人がいないことを確認してホッとしましたが...

その後ニュースで流れる津波の場面を見て、この世の出来事かとゾワッと寒気がしました。
そして田舎や親類が東北にいる職員、仕事でご主人が宮城にいる人など、
またかなりの揺れに東京でさえ大丈夫だったのか?
仕事どころじゃないと、みなが一斉に自宅や家族に連絡を取り始めたのを覚えています。

現地の被災された方々のことを思うと、胸が痛くなります。
悲しみや辛いなんて言葉では簡単に言い表せないぐらいの苦しさなのではないかと思うと、
ただただ心よりご冥福をお祈りすると同時に、復興に向けてがんばってほしいと思います。

自分の家族は無事でした。
親類は四国や関西方面が多いので、特に被害もなかったようです。
ただ妹が横浜の高層マンションで室内がグチャグチャになり、
生活できる状況ではなくなったのと、余震の恐怖で実家に避難していました。
でも職場では親類と連絡が取れない、取れたのは1週間近く経ってからとか、
昨日ようやく火葬場の手配ができて、遺体を都内に移動して葬儀を済ませたという同僚も...

茶々くんの仮母さんをしてくださっていた
モカママさんのお宅がある浦安の被災状況を見ると、
本当に身近なところでも大変なことになっていることに驚かされました。

正直自分は助かったんだと思うと同時に、
いつ今回のような天災が起きてもおかしくないんだと思うと、身の引き締まる思いです。

自分には何ができるだろう?
テレビなどでも呼びかけられているように、節電や買い占めをしないことは当然のこと、
自分ならでは...と考えた時に、
職場で被災者の高齢者に関する相談が相次ぎました。

ご夫婦で入居していたグループホームが被災して、そこから他の高齢者施設に移動したが、
移動先の施設も受け入れで溢れ、東京関東に家族がいる人は家族に引き取ってほしい、
というより引き取ってと半ば強制的な連絡もあるようです。
しかし移動したくてもガソリンがない、歩けない高齢者を移送する車両がないなど、
現実は厳しいものがあります。
3月の末になってようやく都内や関東近郊の施設に、
社協や県から受け入れ要請が出ていますが、受け入れる高齢者の情報が少ない、
行政の措置扱いなのか、ベッド数をオーバーしてもいいと言われても、ベッドがないとか...
考えている暇はないのですが、その後のことまで考えると二の足を踏むところも多いようです。
そうこうしているうちに、寒い、硬い体育館の床などで寝ていた高齢者が弱り、
食事も十分でない中亡くなる方も増えています。
今日も家族の方が相談に来たケースではひどい床ズレで肉が陥没し、
切開して壊死した部分を取り除いたという人も...
避難所などではこの床ずれで苦しむ方々も増えているのだそうです。
床ずれは壊死した部分に細菌などが入り、
それが元で発熱や感染症にかかるというリスクがあります。
原発の恐怖も分かりますが、きっと要介護状態の高齢者からすれば、
こちらの方がよほど恐怖でしょう...

職場の施設長は普段からムチャクチャなことを言いますが(汗)
こういう時の行動力は感心するものがあります...
事務的なことは後回しにという指示を出し、早々に受け入れ体制を検討してくれました。
また現地の高齢者施設への職員派遣も考えているようです。
というわけで、私が相談を受けたご夫婦の方は、すでに当施設に入所しています。
そして床ズレの方は他にも医療処置が必要なため、受け入れ先の病院を当たっています。
せめて私ができることは、この仕事を通じて少しでも役に立てればいいなと思うわけで...

そんな毎日の中、地震にまったく恐怖心のない茶々くんに癒され、
なんだかまた救われた茶々くんの命を考えながらいたところ、
被災地のワンコやにゃん子たちのニュースが入ってきました。
がれきの上で3週間も漂流して生き延びた「バンちゃん」。
飼い主も見つかって本当によかったなと思いました。

避難所によっては、動物アレルギーの方や、衛生面の問題、鳴き声等の問題から
ペットといっしょに入ることができない人がたくさんいるようです。
でも動画の中にもありますが、「犬や猫も大事な家族」という思いの方は多いはず。
家族を亡くしただただ時間が過ぎる中で、動物から与えられる癒し...
ボランティアで預かる人たちがいると聞いて、
我が家でもお手伝いできないかな、なんてユベリコブタさんと話しています。

被害に遭った、遭わなかったではなく、
今回の震災はいろいろと考えさせられます...
まだまだこれからですが、自分にできることを日々考えて過ごしたいですね。
by my-tyatya | 2011-04-05 00:44 | 幸せの権利

再会。

今日は茶々くんに出会ったちばわんのいぬ親会の日。
朝からバタバタ支度する私たちを見て、茶々くんもソワソワ...

私たちとは初めて高速に乗っての長旅ですemoticon-0100-smile.gif
いつも町乗りでも車酔いして吐いてしまう茶々くん。
今日は大丈夫かな...
ユベリコブタが本に載っていた、犬の車酔いしないツボとやらをマッサージemoticon-0148-yes.gif
出発してからも吐き気?らしき様子がありましたが、
なんとか河川敷まで着いたど~emoticon-0137-clapping.gifと思ったら、
おちゃわんが道を間違えて、Uターンしたとたんにemoticon-0141-whew.gif

ゲーemoticon-0156-rain.gifしちゃいました...

予定よりやや遅れてしまいましたが、
モカママさんにもすぐに会えて、モカねぇさんやべっちゃんにも再会emoticon-0155-flower.gif

でもその前に...
先に初めて来た篠崎の会場を案内していただいちゃいましたemoticon-0171-star.gif
モカねぇさんやべっちゃんはいっしょに行けなかったのが残念です...


茶々くんは有名犬?なんですね~
モカママさんもいっしょだったからか、
ちばわんのスタッフのみなさんにも「あら茶々く~ん♪」と声かけてもらえて嬉しそうemoticon-0100-smile.gif

おちゃわんは普段ガウガウ犬の茶々くんが気になって、
会場内のワンちゃんたちにガウしないかがとても心配emoticon-0107-sweating.gif
ところが予想に反して茶々くん、何を感じたのでしょう、緊張して固まってました。

緊張のあまり、たくさんワンちゃんがいる真中でオシッコをしてしまい、
その被害にあってしまったワンちゃんがいましたemoticon-0106-crying.gifごめんなさい...(汗)

d0204043_2353177.jpg

ろこままさんちのりょくてんくん、
おちゃわんは、実はちょっと短い足でテトテト歩くりょくてんくんが可愛くて
しょうがなかったのですが(笑)茶々くんは複数の犬に囲まれて緊張emoticon-0141-whew.gif

モカママさんに、緊張してヨダレが出ているし表情が硬いですねと言われて気がつきました。
確かに耳も下げちゃって、いつものプレイバウみたいなテンションはどこへやら...
意外な一面の茶々くんを見て、ひとつお勉強になりました。
我が家では散歩コースもだいたい同じで、
さらに茶々くんも我が家を自分の家と認識しているんでしょうね、
縄張りがすでにできているから他のワンコにガウするのかもしれません。
今日のように縄張りを外れて、しかも大勢のワンコでは、
自分の場所ではないと強く感じたんでしょうか...
なんだかいつもはやんちゃな茶々くんが今日は可愛く見えましたemoticon-0105-wink.gif

d0204043_0342.jpg

最後にヨシツネくんとプロレスさせてもらいました♪
ヨシツネくんもかわいかったです~☆
ここでようやく緊張が解けたかな???

みんな早く赤い糸が見つかるといいですねemoticon-0115-inlove.gif

今日はいぬ親会でご挨拶と、もうひとつモカママさんご一家との再会が目的emoticon-0152-heart.gif
ただ今日はモカパパさんが風邪でダウンされてしまい、
凛ちゃんもいぬ親会にはまだ参加が難しいとのことで、残念ながら会えませんでした。

会場を離れてなら大丈夫とのことで、
近くの篠崎公園までお散歩しましたemoticon-0155-flower.gif

d0204043_0112022.jpg

久しぶりですね♪
d0204043_012373.jpg


ここでまた発見が。
ユベリコブタがべっちゃんに吠えられながらも仲良くなって
顔をペロペロしてもらえるようになった時、
d0204043_0153977.jpg

茶々くんがおちゃわんのそばに来て大人しく座るんです。
おちゃわんがわざと移動しても、またそばに来てちょこんと座ります。

モカママさんから、ボクの親はこの人だという自己主張の表れだと思いますよ~
と教えてもらい、とても感動しましたemoticon-0142-happy.gif
べっちゃんにヤキモチを焼いたんですね。
まだたった2カ月程なのに、嬉しくなりましたemoticon-0170-ninja.gif
ちゃんと親だと思ってもらえてたんですね~

d0204043_0205524.jpg

ちなみにこれはトイレに行ってしまったモカママさんを待つ姉妹。
トイレをずっと見ながら、べっちゃんは鳴いていましたemoticon-0125-mmm.gif
やっぱりお母さんがいないと淋しいよねemoticon-0100-smile.gif

d0204043_0314851.gif

最後に記念撮影emoticon-0152-heart.gif
再会できて本当に嬉しかったです☆
モカママさん、モカねぇさん、べっちゃん、ありがとうございましたemoticon-0157-sun.gif
今日の再会をきっかけに、
お友達作りに再チャレンジできるかもしれないと思った私たちです。
今度はモカパパさんにもお会いしたいです。
そしてなによりも凛ちゃん、早くいぬ親会に参加できるようになって、
赤い糸が見つかるといいですね♪凛ちゃんが登場するいぬ親会にもぜひまた行ってみたいです☆

ちなみに帰りは車酔いもなく、
大人しくふせして乗っていた茶々くん。
よほど疲れたんでしょうね~

帰ったらずっと大人しくおちゃわんの隣で寝ていました。
d0204043_0424990.jpg

ちょっと笑ってるように見えませんか?
他のワンコと遊べて楽しい夢でも見ているのかもしれませんemoticon-0115-inlove.gif
by my-tyatya | 2011-01-17 00:44 | 幸せの権利
茶々くんは千葉県の山武市というところで捕獲され、
千葉県動物愛護センターで保護されていました。


(まだ募集中の頃の茶々くんが出ています...)


ここで「ちばわん」http://animal-note.cool.ne.jp/
というボランティア団体のみなさんに助けられ、殺処分を逃れ、
モカママさん(預かりボランティアさん)の元で元気に回復し、
縁あって我が家に婿入り(正式にはクリスマスになります☆)したのです。

私たちは犬を飼うにあたり、
ペットショップで購入することも考えていました。
でも「保健所にもらいに行く」という言葉、よく親から聞きませんでしたか?
...そんなことも考えました。

いまはネット社会で、「保健所 犬」なんて検索すれば、
必要な情報はすぐ得ることができます。
私たちがちばわんという存在を知ったのも、偶然このネット検索からです。

ちばわんのいぬ親募集のページには、
かわいいワンコたちが、たくさんの新しい飼い主を待っています。
でもその仔たちの経緯を知ることで、どこか暗い影が胸を締め付けるのです。
上の動画にもあるように、みんな辛い過去を背負っています。
それは人間の勝手で捨てられた、そして生まれてきた犬たちであり、
愛護センターでさえ、その勝手な人間が作ったといえる、殺処分という恐ろしい世界。

茶々くんの顔を見ながら、
悲しい気持ちと切ない気持ち、許せない気持ち、嫌な気持ち、愛しい気持ち、
いろんな気持ちが渦巻くのは、私たちだけではないと思います。

d0204043_1424935.jpg

この茶々くんの写真を見た時、苦しい気持ちになったのと、
一生忘れてはいけないという気持ちになりました...

d0204043_143750.jpg

茶々くんはこんなにひどい状態でも、
「ここから出して!ボクいい子にするよ!」
と人間に訴え続けました。

茶々くんは運よく助けられ、
そして今、私たちの家族になろうとしています。

でも助けられた犬の陰には、
殺された犬が多数いることを思うと、涙が止まりません...

d0204043_1464689.jpg


偶然なのかも知れませんが、
その偶然の出会いから、多くのことを学んだ気がします。
職業柄、
人の「終末」を見ています。
人の「死」もたくさん見てきました。
同じ生き物ですから、
「終末」まで看取るのが当然です。
これからも茶々くんがいる限り、
この出会いがあった以上ずっと、
殺されていく命について考える機会を与えられ、
自分に何ができるか模索する毎日です。
まわりの友人や知人に、
茶々くんを飼うきっかけから、
この悲惨な現状も必ず伝えていこうと思います。
幸せになる、生きる権利はぜったい犬にもあります。
殺処分がなくなることを願います。
by my-tyatya | 2010-12-14 14:15 | 幸せの権利

ようこそ♪ちばわんから来た茶々丸&幸&仔馬の日記です。


by my-tyatya